失業保険のもらい方、退職願の書き方、税金の知識etc. 退職お役立ちマニュアル

退職後に転居する場合

  • HOME »
  • 退職後に転居する場合

Question

自己都合で退職しようと考えています。転居するのですが、今は忙しくて転居先の就職先を探している暇がありません。退職後にゆっくりと時間をかけて就職先を見つけたいのですが、この間の失業手当はもらえますか?

Answer

もちろん、もらえます。しかし、いくつか注意する点があります。

求職活動については、どこのハローワークでも利用することができるので、転居先のハローワークを利用することは問題ありません。

しかし、失業保険の受給に関する手続きは、住所地を管轄するハローワークでの手続きとなります。失業の認定もそこで行います。

そのため、転居先で腰を据えて仕事を探したい場合は、役場にて住所地を変更するための手続き(住民票を移すための手続き)を行っておきましょう。具体的には、旧住所地からの転出届と、新住所地での転入届です。

住所を引越し先にしておけば、その管轄のハローワークで失業保険の手続きができるようになります。

この変更はいつでもできるので、失業保険の最初の手続きを現住所地で行い、その後に引越しをして住所を変え、引越し先で次の失業保険の手続きを行う、といったこともできます。

なお、自己都合で退職する場合は、

  • 会社から離職票が送られてくるまでの期間(会社によるが、1週間前後)
  • 待機期間(7日間)
  • 給付制限(3ヶ月)

といった期間を経てからの支給になるため、最速で手続きをしたとしても、退職からおよそ4ヶ月後からの支給になります。

PAGETOP
Copyright © 失業保険給付&退職マニュアル All Rights Reserved.